スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家屋調査
区役所の税務課から、家屋調査がやってまいりました。
はじめに封書で連絡がきて、電話して自分で日時設定を行いましたよ。
用意するものは、
・名義人の認印
・立面図のコピー(間取りが確認できる図面)
・平面図のコピー(外観が四方向から確認できる図面)
・矩計(かなばかり)図のコピー(家屋を断面で切ったような図面)

でした。

わたし、風邪でぶっ倒れてたので、よくわからん内に終わっちゃったんだけど、
メジャーでいろいろはかって図面に書き込んでました。
もちろん、全部屋見ていきました。

その後、税金(不動産取得税・固定資産税)の説明に……。
これも意識朦朧であんましよくわかってないけど、
不動産取得税はたぶん、かからないだろう、ってことと、
固定資産税は1戸当たりの住宅用床面積が120㎡を超える家屋は、
居住部分120㎡に相当する税額×1/2ということで、3年間は固定資産税が半額みたいです。
4年目からは倍額かかるってことですね!
と言ってたけど、固定資産税って3年ごとに見直しがあって、
だんだん安くなるから倍はないんじゃないかな、と(憶測)。

とりあえず、住宅ローン控除が使えるので、今年は確定申告に行かねばなりません。
確定申告に必要なのは、
・平成19年度分給与所得の源泉徴収票(コピー不可)
・住民票の写し(平成20年1月1日以降の発行)
・家屋の登記事項証明書
・住宅建築に係る請負契約書(写)、売買契約書(写)
・住宅取得資金に係る借入金の年末残高証明書
・印鑑
・預貯金の口座番号が分かるもの

みたいです。

民間の金融機関でローンを借りたので、年末残高証明書は発行(210円)してもらわないといけません。
次からはダンナの会社で年末調整なので、毎年12月の初めには発行してもらわないと。


長々と書いたけど、なんて読みにくい、そして読みたくない(汗)記事!
自分だったら読まないゼ……。
ま、そんな感じでめんどそう。
副業の確定申告もあるし、2月はいそがしそうだ!
2008.01.08 | 生活中 | Comment:0 | Top↑

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。